妊娠線に関して色々と理解することで、予防ケアや治療にも繋がります

妊娠線について知る

妊娠線とは

妊娠中に皮膚に発生する線状の割れ目のことを妊娠線と呼びます。この妊娠線はおへその周辺から下腹部にかけて発生することが多いですが、中にはお尻や太もも、胸のあたりに出来てしまう場合があります。妊娠線は妊娠したすべての女性に発生するものではありません。個人差がありますが、お腹が急激に大きくなり始める妊娠6か月後から発生するケースが多いです。

発生するメカニズム

妊娠して徐々にお腹が大きくなっていくと、皮膚の内側にある皮下脂肪が増加します。それに伴って、肌の表皮も伸びますが、表皮の下にある真皮や皮下組織は急激な変化に追いつくことが出来ずに、断裂してしまう場合があります。真皮が避けると、そこに隙間が表れて溝のようになってしまい、その部分に表皮が引っ張られて妊娠性が発生します。

新妊娠線

妊娠線にも種類があります。新妊娠線とは、妊娠中に発生している妊娠線のことを言います。特に妊娠初期~後期に発生しやすくて、青紫や赤紫の筋のようなものが複数も見られるのが特徴でしょう。この新妊娠線は急な体重変化などで短期間に体型が変化したことで、その変化に追いつけず裂けてしまい、毛細血管の色が表面に透けて見える状態です。目立ってしまう見た目なので、しっかりと予防を行ない、クリニックなどで治療することが必要になります。

旧妊娠線

旧妊娠線は、妊娠時に発生した妊娠線が古傷化したものになります。真皮賞などに出来た傷が治る段階で、火傷跡のようになってしまった状態です。白くて線が薄いのが特徴となっています。また、皮膚の表面に凹凸が出来てひび割れたような状態でしょう。妊娠中から徹底的なケアを行ない、発生するのを予防することが大事になります。

妊娠線はしっかりとした予防ケアが大事

産後に妊娠線の跡が残ってしまった場合でも治療することが出来ます。ですが、妊娠線を発生させないよう事前に予防をしたり、妊娠中に出来てしまっても跡を目立たなくするために適切なケアを行なうことが非常に重要になります。

<PR>
不妊治療で大阪の婦人科が人気なワケ
男性に対する不妊治療をしてるクリニックを掲載。<PR>
京都のサロンで不妊治療。
お得なキャンペーンも実施中?1度試せば効果がわかる。<PR>
大阪の婦人科へレッツゴー♪
だれにも言えないデリケートな悩み、打ち明けて快適な毎日を。<PR>
不妊治療で人気の大阪のクリニックを紹介
多くの人が利用してる施術を大公開

ここが知りたい!妊娠線に関するQ&A

妊娠線って全員にできるの?

妊娠線は全員に発生するものとは限りません。妊娠中の約6~7割が発生すると言われています。事前に妊娠線についてしっかりと理解して、予防に適したケアを行なっておくと、妊娠線は発生しにくくなるでしょう。

妊娠線が発生しやすい場所はどこですか?

特に発生しやすいのはお腹になるでしょう。また、胸やお尻にも皮下脂肪が付きやすいので、妊娠線が出来やすい傾向がありますね。このことからお腹や胸、お尻は妊娠線が発生しやすいので、注意が必要になります。

予防ケアはいつから始めるの?

遅くてもお腹が目立ってくる妊娠5か月ごろにはスタートすると良いです。心配な人は初期からはじめても特に問題はありません。ですが、初期から行なう場合は、強いマッサージなどはやり過ぎないようにしましょう。

季節によってケアの仕方に違いってありますか?

特に違いはありません。季節に関係なく保湿などのケアを行なっていきましょう。また、乾燥しやすい人はクリームがおすすめです。夏にあせもが出来てしまう人は、ケアした後にベビーパウダーを使用すると良いですよ。

セルフケアでは妊娠線が改善しない場合、どうしたらいいですか?

妊娠線を完璧に消すことは非常に困難と言えます。色々なケアを試しても消すことが出来ない妊娠線は、美容クリニックなどで治療をした方が良いです。妊娠線に特化した治療法があるので、ぜひ活用してみましょう。

ツルスベのお肌を取り戻す

可愛い自分の赤ちゃんを妊娠・出産した際に、お腹周りに出来ることがある妊娠線。このサイトでは、妊娠線について発生する原因や予防法について紹介しています。適した治療を行ない、妊娠線を綺麗に治しましょう。

広告募集中