自分で出来る治療法|【悩みを解消する】妊娠線の予防や治療法をチェックしよう|妊娠線改善.net

クリームやオイルも妊娠線の治療に役立つことが出来ますよ

妊婦

自分で出来る治療法

妊娠線専用のクリーム

妊娠線の予防と同じく、産後に痕が残ってしまった場合でも保湿は非常に効果的と言えます。妊娠線は皮下組織などが傷ついた状態になっているので、妊娠線専用のクリームを使用することで肌の保湿も保たれて、症状は確実に改善していくでしょう。現在では、治療のために色々なメーカーから数多くのクリームが販売されています。成分によっても期待できる効果なども異なるので、自分の肌に適したものを使用することが1番です。

オイル・ベビーオイル

オイルやベビーオイルを使用する際は、クリームと同じように皮膚の保湿効果を向上することが出来ます。使用するときにマッサージなどを行なうと新陳代謝も上がって治療に効果的ですよ。また、クリームよりオイルやベビーオイルの方が保湿力に優れています。あわせて、オイルには皮膚の温度を上げる効果も持っているため、温度上昇によって皮膚の柔らかさと伸び改善するでしょう。

選ぶ際にチェックすること

最も重要になるのは、クリームやオイルの保湿力になります。製品によって配合されている成分が異なるので、自分の肌の課題を改善してくれるような成分が含まれているものを選ぶのがベストです。次に添加物が入っていないことについても確認しましょう。肌に優しい成分で、石油系の添加物が配合されていないかをちゃんとチェックすることが大事です。

塗る際のポイント

クリームやオイルは直接肌につけるのではなくて、まずは手のひらに出して手に馴染ませ、体温で温めてから身体に伸ばすようにしましょう。温めることで肌への伸びがアップして、潤いが角層まで浸透しやすいと言われています。また、お風呂上がりの肌は乾燥しやすい状態なので、特に意識して保湿ケアを行なうと良いですよ。丁寧なケアを心がけることで、妊娠線の治療へと繋がっていきます。

ツルスベのお肌を取り戻す

可愛い自分の赤ちゃんを妊娠・出産した際に、お腹周りに出来ることがある妊娠線。このサイトでは、妊娠線について発生する原因や予防法について紹介しています。適した治療を行ない、妊娠線を綺麗に治しましょう。

広告募集中