出来てしまった妊娠線を確実に消すためにはクリニックで治療を行なう

妊婦

病院で治療をする

レーザー治療

クリームやオイルを使用しても改善に期待出来ない場合は、美容クリニックに行って最新治療を行なうのがおすすめですよ。クリニックで行なう治療法でも、最もポピュラーなのがレーザー治療になります。レーザーで皮膚の細胞にダメージを与えることで、肌の表面の新陳代謝を活性化させて、傷の治癒能力を促進させる施術方法です。軽い妊娠線であれば効果を期待することが出来るでしょう。

炭酸ガス治療

クリニックで取り入れられている治療法の中で、特に効果が高いと言われているのが炭酸ガス治療になります。元々はフランスで行なっていた妊娠線治療の一種で、注入した部位の広範囲の血管に対して、血液を高める効果を持っています。あわせて、新陳代謝やコラーゲンの再生活動を促進する効果が期待出来ますよ。また、この炭酸ガスは真皮層に直接注入することが出来るので、妊娠線を根本的に治療出来るでしょう。

ダーマローラー

ダーマローラーは、細かい針付きのローラーで真皮に小さな穴を開けることでコラーゲンの生産をサポートする治療法になります。真皮層のコラーゲン再生を促す効果を持っているため、妊娠線を消す効果も期待できるでしょう。なお、元々はニキビ跡や小じわを消すための施術となっているので、クリニックによっては妊娠線に対する実績が少ない場合があります。そのため、事前に確認することが大事です。

外用薬の処方

一般的に処方されるのが、ヘパリン類似部室を主な成分とした塗り薬となっています。有名なのがヒルドイドと呼ばれる保湿剤です。ヘパリン類似物質には「保湿」「血行促進」「炎症を抑える」との3つも効果を持っています。これらの塗り薬を使用することで、皮膚に潤いを取り戻して乾燥を防ぐと同時に、表皮のターンオーバーを促して炎症や傷跡を早く癒す効果に期待が持てます。上の施術と合わせて使用すると良いでしょう。

妊娠線を本気で消すために

出来てしまった妊娠線を本気で消すためには、真皮層のダメージに直接的にアプローチすることが出来る専門の治療を受けることがおすすめですよ。美容クリニックで行なう治療法を確認して、上手に活用すると良いでしょう。

ツルスベのお肌を取り戻す

可愛い自分の赤ちゃんを妊娠・出産した際に、お腹周りに出来ることがある妊娠線。このサイトでは、妊娠線について発生する原因や予防法について紹介しています。適した治療を行ない、妊娠線を綺麗に治しましょう。

広告募集中